独学でも大丈夫!英会話を上達させる方法とおすすめアプリを紹介

「英会話を習いたいけど、なかなか時間が取れない」
「海外旅行に行くから、日常会話ぐらいは話せるようになりたい」

こんな悩みを持っている人は多いと思います。

何を隠そう、私もその一人でした。
仕事は不定期、退社時間もバラバラな環境だったため語学レッスンに通うのを諦めたことがあります。

会話中心である英会話力をアップさせるには、学校に通うしかないと思っていませんか?

じつは独学でも、英会話は飛躍的に上達できるんです。むしろ独学を怠っていては上達できません。

まずは独学で英会話の上達を目指してみませんか?

この記事では独学が必要な理由から勉強法、英会話力アップをサポートしてくれるアプリやオンラインレッスンを紹介します。

自由な時間を使って英会話を上達していきましょう。

英会話の上達に独学は不可欠!

英会話 独学

独学と聞くと、すべてを自分の力で学ばなければいけないので、上達するか不安ですよね?

ここで、ちょっと世界に目を向けてみたいと思います。日本のように非英語圏の国はたくさんありますが、日本人よりも英語が堪能な国は多いです。

日本は英語スクールは数えきれないほどありますが、利用していても話せない人はたくさん。
反対に諸外国は日本ほど英語スクールは充実していません。

日本人と諸外国の話せる割合が違う理由・・・
ずばり独学にかける時間の違いなんです。

諸外国は圧倒的に独学にかける時間が多く、英語スクールを頼らなくても英語を身に付けています。
日本はどちらかといえば逆パターン。

英語スクールに通っていることで「英語を勉強している」と勘違いしている人が多いんです。

独学とはまさにインプット。脳や体に定着させるためには、それなりの時間も必要です。

最近ではCD付きのテキストだけでなく、動画やアプリも充実しているので、楽しみながら英会話を学べる環境がたくさんあります。

「独学を制する者は英会話を制する」といっても過言ではないんです。

初心者でも安心!独学で英会話を身に付けるおすすめの方法

独学で英会話を身に付けるおすすめの方法

英会話は独学でも十分身に付きます。

「英語ではなせるようになりたい」
「外国人と交流したい」
こんな気持ちがあれば、きっと大丈夫ですよ。

どんな独学で英会話を学んでいけばいいか、順を追って説明します。スキマ時間もうまく利用して取り組んでくださいね。

基礎の強化で土台作り

どんな勉強でも土台作りは重要です。

もし英語の基礎ができていないと感じたら、英会話を始める前に基礎知識を蓄えてください。
目標は中学英語! 中学英語は、英会話で必要な最低限の単語や文法が詰まっています。

また中学英語をマスターすれば、日常会話も十分話せます

英語の基礎を学ぶときは、文の構成も意識しながら勉強してください。

文の構成 内容
S+V 主語+動詞
S+V+C 主語+動詞+補語
S+V+O 主語+動詞+目的語(物・人)
S+V+O+O 主語+動詞+目的語①(人)+目的語②(物)
S+V+O+C 主語+動詞+目的語(人・物)+補語

この文型に慣れれば、英文の理解も格段早くなります。

英単語や英文法はフレーズで丸ごと吸収

基礎固めには欠かせない英単語や英文法。

学校の試験や受験勉強では、単語や英文法はそのまま覚えたりしましたよね?でもこの方法は逆効果。

英単語や英文法は例文にあるフレーズごと覚えるようにしてください。

例文はよくあるシチュエーションを想定して作っているものばかり。そのためイメージが湧きやすく、頭にもインプットしやすいんです。

覚えるときは必ず声に出しながら発音してみましょう。感情を込めて発音をすればシチュエーションも目に浮かんで覚えやすいです。

アウトプットで英会話力をアップ

英会話でもっとも大切なことは、音で学ぶことです。
いままで勉強した基礎やフレーズは、必ずアウトプットしないと体が覚えてくれません。

アウトプット方法は、とにかく発音すること
先ほどのフレーズを覚える要領で、感情を込めて何度も繰り返し発音してください。

日本人は声に出して勉強する方法が苦手です。その証拠に、英文は読めるけど話せないという人が多いですよね。

おもにアウトプットの方法は3つあります。

  • スラッシュ・リーディング
  • リーディング
  • リピーティング

それぞれの学習方法も載せておきますので、ぜひ参考にしてください。

アウトプット方法 やり方と特徴
スラッシュ・リーディング ・意味のかたまりごとに区切って発音する方法
・英文を前から訳せるようになる
リーディング ・音声を聞いたら、その後について発音する方法
・意味を意識しながら発音する
・英語のままで理解できるようになる
リピーティング ・何も見ないで音声をきいたら、その後について発音する方法
・発音を意識すると正しい発音が身に付く

どれも英会話を習得するには必要な方法です。
発音や読むことが苦手な人は、スラッシュ・リーディングからじっくり始めてみてください。

オンラインレッスンで生きた英語を使ってみる

英会話を勉強しているのに、話す相手がいなければ実践でも使えません。

そんな時におすすめしたいのがオンラインレッスンです。
オンラインレッスンは、外国人の講師を起用したところも多いため実践練習にはおすすめ

ここでは

  • 発音は正しいか
  • 正しい文法を使っているか

を焦点に会話を楽しんでみてください。

外国人の講師を起用したオンラインレッスンでは、多くの講師は日本語を話せません。まさに生きた英語を使えるチャンスです。

ほかにも、外国人が多く集まるコミュニティやイベントに参加してみるのもいいですよ。

これだけは気をつけたい!英会話を独学で学ぶ間違った勉強法

英会話 間違った勉強法

独学で英会話を勉強するときに気をつけて欲しいことがいくつかあります。

まず日本人がやりがちな机上の勉強。決して悪いことではありませんが、ここにとらわれ過ぎると英会話力がなかなか上達しません。

英会話を上達させたいなら、とにかく声に出すことです。ノートにまとめたり、筆記を練習するのは二の次と考えましょう。

何度も繰り返し声に出して勉強すると、不思議と英語のまま理解できるようになります。もちろん、体も覚えているので考えながら会話をするということも少なくなりますよ。

次に注意したいのが、教材を何冊も用意しないことです。私もやりがちですが、教材を買うだけで満足してしまうことがあります。

また、教材も自分のレベルに合ったものを選ぶようにしてください。

まずは1冊を完璧にやり遂げること。ここに意識を向けて勉強してみましょう。1冊やり終えたときの達成感も大きくなります。

独学で英会話を学ぶメリット・デメリット

独学で英会話を学ぶメリット・デメリット

英会話を独学で勉強するメリットとデメリットを紹介します。

独学は自分との闘い!強い意志が大切です。途中で挫折しないためにも、目標を決めておくといいですよ。

メリット

独学するメリットは、自分の好きな時間や場所で勉強できることです。自分が勉強したいと思ったときに始められるのは手軽ですよね。

英会話スクールに通うとなると、時間も制限されるだけでなく移動時間も拘束されてしまいます。独学なら、その時間もすべて英会話の勉強にあてられますよ。

またこの記事にたどり着いた人は「英会話」を身に付けたいと思っている人だと思います。
自分が勉強したいところだけを集中的に学べるのも、独学のメリットではないでしょうか?

学習スケジュールが決まっているスクールよりも、弱点を集中的に学ぶには独学は不可欠なんですよ。

デメリット

独学の最大のデメリットは、モチベーションの維持だと思います。先ほど「自分との闘い」と伝えましたが、まさにモチベーションが低下すると勉強を怠りがちに。

モチベーションをなるべく維持するためにも、自分の将来像を描いてみるのもおすすめです。また目標設定も効果的な方法。

また私もよくやりがちなのが、好きな時間に勉強できるためダラダラしてしまいがちなことです。時間ばかりが過ぎて結局進んでいないということがあります。

タイマーを使って集中的に勉強してみるのもいいかもしれません。

最後は発音や文法など間違いに気付きにくいことです。間違ったまま体が覚えてしまうと、直すには思った以上に時間がかかります。

早期発見するためにも、後ほど紹介するオンラインレッスンを利用してみるのもおすすめです。

独学で英会話を習得するのに便利な英語アプリ

英会話 アプリ

英会話を少しでも上達させるためのおすすめアプリを紹介します。スマホやタブレットで手軽に英会話を学べるので、スキマ時間にもピッタリです。

どのアプリもレビュー記事を載せていますので、どのアプリを利用しようか迷っている人はぜひ参考にしてください。

日常英会話表現

日常英会話表現は、英語に自信のない人や初心者におすすめのアプリです。

72のフレーズには

  • 例文
  • 解説
  • 音声

が付いているので、理解しながらフレーズを学習できるような作りになっています。

英会話は話すことも重要なポイント。スピーキングもしっかり評価してくれるので安心です。

まずはこのアプリで基本的なフレーズを丸暗記してみましょう。

Speak Buddy

英会話の疑似体験が学べるSpeak Buddy。
特徴的なのは、会話の相手がAIであることです。相手がAIなので、発音が曖昧だったり文法が間違ったりしても恥ずかしくないですよね。

AIには3人のキャラクターが設定されているので、気分を変えながら会話の練習ができます。

Speak Buddyは「聞く」「話す」に特化したアプリで、発音チェックもしてくれる優れもの。自分だけのカリキュラムの作れるので、計画を立てながら学習できます。

Terra Talk

Terra Talkは2つのコースが用意されています。

  • 初級用
  • 中級用

そのため初心者でも英会話の練習に十分生かせるアプリです。

日常的に使えるシチュエーションをあらゆる分野から出題されているため、実用性も高いのが特徴
また会話の練習では、模範解答通りに言えなくても意味が通じればそのまま会話が進む仕組み。AI判定もかなり高いといえます。

Speak Buddyは「話す」を重点的に学べるアプリです。

ペラペラ英会話

ペラペラ英会話は日常会話のほかに、映画やドラマのセリフを使って英会話を勉強するアプリです。

1回に出題される問題は10問なので、5分もあれば十分解ける手軽さ。これならスキマ時間でも勉強できますよね。

ほかのアプリと違うところは、問題の合格基準が少し厳しいところ。8割以上点数を取らないと、つぎのステップに進めません。
しかし、このおかげで単語や英文法も徹底的に頭に落とし込めますね。

TEDICT

英会話は話すだけでなく、聞く力も重要です。リスニング力をアップしたいならTEDICTをぜひ利用してみてください。

あらゆる分野の著名人のスピーチや今話題のニュースを題材にしており、シャドーウィングの練習にもピッタリ。
音声の速度も自由に調整できるので、聞き取り練習にも役立ちます。

題材は少し難易度が上がるので、中級者に向いているアプリです。初心者の人は、レベルアップしたらぜひ試してみてください。

独学で身に付いた英会話力を試すならオンラインレッスンが便利

独学で身に付いた英会話力を試すならオンライン英会話

おすすめの勉強法でも説明したように、自分の英会話力を試すにはオンラインレッスンを活用するのもおすすめです。

今回紹介しているオンラインレッスンは、外国人の講師がレッスンをしてくれます。発音や文法もチェックしてもらいながらレッスンを受けてみましょう。

Best Teacher

題材として用意されているシチュエーションが1,000通り以上もあるBest Teacher。

Best Teacherの特徴は、世界のあらゆる場所に講師が在籍していることです。英語圏以外の講師から学べるのはBest Teacherだけ。

レッスンで使ったテキストは、PDFとMP3で音声付きで送られるので復習にも活用できます。

個人的には、非英語圏の講師がどのように英会話を身に付けたのか、フリートークで質問してみたいなと思いました。

レアジョブ

レアジョブは完全マンツーマンのレッスン方式です。そのためアウトプットにかける時間も圧倒的に多いのが特徴。

用意されている教材は4,000以上と、教材だけでも桁違いの量です。これだけの教材があると、自分に合う教材がわかりませんよね。

そんな時はカウンセリングが設置されているので相談してみるのもおすすめです。

まとめ

英会話 独学OK

英会話は独学でも十分上達します。ほかの非英語圏の人は独学で英会話力を身に付けているので、私たちにもきっとできますよ。

ただし一人で勉強するにはモチベーションを保つのに苦労するかもしれません。そんな時は、気分転換に映画を使った勉強法もおすすめです。

おすすめの勉強法を記事にしていますので、こちらも参考にしてみてください。

遊びながら英語を勉強できるアプリ!

ダウンロードはこちら


この記事を書いた人

かつお

英語が話せないのに、海外一人旅が好きなライターです。
毎回、英語が話せないことで損をしているので、2020年から英語をイチから勉強することにしました。
まずは日常会話が話せるようになるのが目標です。

0 0 vote
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments