英語アプリ「スピークバディ(SpeakBuddy)」の使い方を解説!英会話を特訓したいなら試して欲しいアプリ

「英会話を上達させたいな」と思っている人におすすめな英語アプリがあります。「スピークバディ(SpeakBuddy)」という会話を中心に学べるアプリです。

英会話は、相手と話をしながら学ぶ方が実践に近いため身に付きます。忙しくてオンラインレッスンも受けられないという人は、スピークバディを試してみるのもおすすめです。

スピークバディの概要から使い方を解説していきますので、アプリのダウンロードに迷っている人は参考にしてください。
また実際のユーザーの声もまとめています。スピークバディのメリットやデメリットも確認してみましょう。

スピークバディの概要


iPhoneで人気だったアプリがAndroidでも利用できるようになったスピークバディ。

オンラインレッスンだと「間違えたらどうしよう」「講師に飽きられないかな」という心配がよぎりますよね。しかしスピークバディは、英会話の相手がAIなのでそんな心配もいりません。

本番さながらの会話が盛り込まれているので実践に即役立ちます。日常英会話は150ものストーリー、ビジネス英語は180のストーリーで構成。本当に会話をしているかのような設定なので、楽しく気軽に学べるのがスピークバディのいいところです。

会話練習と同時に発音もチェックしてくれるスピークバディ。ネイティブに通じる英語かどうか確認できます。

スピークバディの使い方

スピークバディ 使い方
スピークバディは複雑な機能がないので、使い方としては簡単です。
しかし、実際に使うまでの工程はほかの英語アプリと違うため、多少戸惑うかもしれません。

スピークバディが気になるという人は、使い方も確認しておきましょう。

アンケート2問に解答

スピークバディ 使い方
学習を始める前に、学習目的と過去の試験履歴を聞かれます。この2問に答えないと先に進めないので、自分に合った答えを探してみてください。

10問のスピーキングテストで英語力をチェック

スピークバディ 使い方
アンケート回答後は、いきなり10問のスピーキングテストが始まります。
画像のように、バーチャルと会話を始めていきます。問題は
「YOU」と書かれている英文を音読する
画面に表示されたフレーズを使って自分なりの英文を作る
の2種類です。

10問すべて答え終わると、このように現在の自分の英語レベルが表示されます。
スピークバディ 使い方
自分の英語力を知ることも大切!
このテストが終わると、やっと次の工程に進めます。

フリートライアルに進むために課金登録


ほかの英語アプリと違うところは、この部分です。
「無料体験を始める」をタップすると、Google Playでの支払い画面へ移ります。スピークバディは、事前の課金登録をしないとアプリを使えない仕組み

無料体験は1週間利用できますが、この期間が過ぎると自動で課金されるので注意が必要です。

コースは全部で11種類!好きなコースから学習


課金登録が終わると無料体験がスタートします。
コースは全部で11種類用意されており、日常会話から海外旅行、オンライン上で友達を作るときに役立ちそうなシチュエーションなどさまざまです。

ほとんどのコースは2章にわかれており、章ごとにユニットが組まれています。
スピークバディのユニットは、上から順番に学習していくシステム。最初のユニットをクリアしない限り、次のユニットへは進めません。

そこでカギとなるのが会話の項目です。後述で詳しく説明しますが、ユニットには5種類の学習内容が設定されています。
・単語学習
・リスニング
・会話
・英作文
・応用練習
このなかの会話をクリアすると、次の工程に進める流れなんです。

「このユニットは自分にとって簡単だな」と思ったら、会話の項目だけ学習してみてください。会話で学習履歴が付けば、次の工程に進めます。

設定画面で音声速度の変更


スピークバディは会話に特化した英語アプリなため、流れてくる英会話もネイティブに近いものがあります。
人によっては速度が速く感じてしまうかもしれません。そのときは設定画面から速度の変更が可能です。
速度は
・遅い
・普通
・速い
の3種類で、初期設定は「普通」になっています。

自分のレベルに合わせて変更してみましょう。

ランキングが表示されるからヤル気がでる


画像のようにランキングも表示されます。
ポイントの加算は、学習したフレーズや時間、正答率によって変わってきます。

日本人が苦手な発音練習もバッチリ


英語は日本語にはない発音があります。正しい発音ができないという人におすすめしたい発音練習も機能として盛り込まれているのがスピークバディの特徴です。

それぞれの発音をタップすると動画でわかりやすく説明しているので、苦手な人はこの機能をたくさん使って練習してみましょう。

スピークバディの学習内容は5種類プラスα


使い方のところでも軽く触れましたが、スピークバディのユニットは5種類の学習項目で構成されています。
1フレーズごとにすべて組み込まれているので、基礎から応用まで学べるのもスピークバディのいいところです。

それでは学習項目について詳しく説明していきます。

単語学習

スピークバディ 使い方
各ユニットで使う単語が選択形式で出題されます。
音声も流れるので、単語の意味だけでなく発音練習にもおすすめです。

リスニング

スピークバディ 使い方
ユニットで学習する英会話を予習する項目です。
初期設定は英語のみの表示ですが、日本語訳を表示させたい場合は右上の「JP」を押せば画像のような表示に変更も可能です。

「YOU」と書かれている会話は、次の工程で実際に話すものなので、この項目でしっかり練習しておきましょう。

会話

スピークバディ 使い方
リスニングで流れた英会話を実際に会話形式で話す練習です。

自分の会話を音声に吹き込むと、画像のような表示に変わります。発音が正しければ画面のような緑色に表示されますが、正しくない部分は黒色で表示されます

自分では正しいと思っていた発音も、じつは違っていたということもここでわかりますね。

英作文

スピークバディ 使い方
リスニングや会話で学習した理解度確認におすすめな項目です。

自分が話す会話は、画像のように一部日本語になっています。フレーズを使った言い回しを覚えているか確認するのにおすすめです。

英文がすべて書かれていないので、英作文を実際に書いてみるのもいいかもしれませんね。

応用問題

スピークバディ 使い方
応用練習では、ユニットで学習したフレーズを使って別のシチュエーションで使えるかどうかを練習する項目です。

画像のように英文はすべて表示されませんので、理解度確認にもおすすめです。

ジャパンタイムズで取り上げられているニュースを会話で学べる

スピークバディ 使い方
お決まりのフレーズだけでなく、もう少し踏み込んだ会話を練習したいという人におすすめなのがジャパンタイムズアルファです。

ジャパンタイムズで取り上げられているニュースを雑談形式の会話で出題されます。ユニット数も多いので、1ユニットについてさまざまな方向から会話が進むように造られています。

ニュースを英語で学びたいという人にはピッタリです。

スピークバディの月額料は1950円


スピークバディの料金は月額1,950円の1種類でGoogle Playから支払いをします。
無料体験をする前にGoogle Playで課金設定しているので、無料期間後(7日後)には自動課金されます。

自動課金をしたくないという人は、課金設定後、Google Playの「定期購入」画面から解約手続きを先に行ってください。
無料体験が終了すると自動的に使えなくなります。

注意しないといけないのが、Android版とiPhone版で料金が違うことです。
Android版よりも先に発売されていたiPhone版では料金は3種類あります。
・1ヵ月・・・1,950円
・6ヵ月・・・10,400円
・12ヵ月・・・14,000円

スピークバディの口コミ


実際にスピークバディを使った人の口コミを集めてみました。
英会話を学ぶには最良のアプリですが、音声認識に不満が集まっているようです。

良い口コミ

スピーキングだけでなくリスニング力も効果が期待できる
AI相手なのでストレスなく英会話が学べる
テーマが明確に設定されているので学習しやすい
自分が話した会話が文字で認識できるので手ごたえを感じる
実際に英語で話しかけられて、反射的に英語で返せるようになった

自分の発音が正しいかどうか判断してくれるので、再確認できることに手ごたえを感じているようです。
また実践で使えるようになったのは大きな成果ですよね。

悪い口コミ

考えながら話すと音声認識が終了してしまうので時間の猶予が欲しい
テーマごとに評価に違いがあるように感じる
iPhone版に比べるとAndroid版は機能が劣っている

自分の会話を吹き込むときは注意が必要です。アプリ側で時間が決まっているようで、ゆっくり話すと時間オーバーで認識が強制終了されてしまいます。
強制終了にならないためにも、リスニング項目でしっかり予習しておくといいですね。

スピークバディを使うメリット・デメリット

スピークバディを使うメリット・デメリット
スピークバディのメリットやデメリットも気になりますよね。
今回はAndroid版に関してそれぞれ説明していきます。

メリット

ユニットが多いので、多くのフレーズを使った会話練習ができる
初級~上級と幅広いレベルに対応している
発音が正しいかどうか表示してくれるので修正しやすい
課金後もプランは1種類なのでわずらわしくない

多くの会話フレーズに対応しているので、飽きずに学習できます。初級~中級のフレーズが多めですが、上級者にも対応したフレーズもあるので幅広い人が利用できるアプリです。

プランが1種類なのもうれしいですね。

デメリット

・無料体験が1週間しかないので、期間が過ぎてしまうと自動課金される
・音声認識にかかる時間が短い

スピークバディを使うために先に課金設定をしないといけない部分は、多くのユーザーが不満と答えているほど。なかには無料体験だけをしたいという人もおられると思います。

スピークバディはこんな人におすすめ


スピークバディをおすすめする人は
・読み書きはできるけど話せない人
・様々なシチュエーションに対応出来る英会話力をつけたい人
・オンライン英会話が苦手だったり続かなかったりした人

です。

会話に特化した英語アプリなので、会話力を上げたい人は一度試してもらいたいです。

また会話力アップに利用しがちなオンライン英会話ですが、対面となると何かと不安になりませんか?
「間違えたらどうしよう」「自分の英語力に自信がないからバカにされないか」など思う人もおられるかもしれません。
スピークバディならAI相手なのでそんな不安も無用!どんどん間違えて自分の苦手な部分を克服していきましょう。

まとめ


「英会話を上達させたい」という人におすすめなスピークバディ。
AIと会話するので恥ずかしさもなくどんどんチャレンジできます。音声認識の時間制限があるのは残念ですが、そこはリスニングの項目でしっかり予習すれば大丈夫です。

さまざまなシチュエーションで使えるフレーズばかりなので、実践にも役立ちますよ。

スピークバディのDLはこちら

「スピークバディ」のダウンロードは下記ボタンから↓


iOS版

Android版


また、スピークバディ以外のアプリを使って英会話力を上げたいという人には、以下の記事内で紹介しているアプリもおすすめです。

ちょっとしたスキマ時間に学べるので、忙しい方でも続けられると思います。

そのほかにいろいろな英語学習アプリを知りたいという方は、以下の記事を参考にしてみてください。

全部で22個のアプリを紹介しているので、自分にあったものがきっと見つかるはず!



遊んで学べる英語アプリ、英語物語はこちらからDL!


Andoroid版「英語物語」

iOS版「英語物語」

この記事を書いた人

かつお

英語が話せないのに、海外一人旅が好きなライターです。
毎回、英語が話せないことで損をしているので、2020年から英語をイチから勉強することにしました。
まずは日常会話が話せるようになるのが目標です。

コメントはまだありません

Leave a Reply