英語のリスニングアプリなら「TEDICT」がおすすめ! 詳しい使用方法を解説

Hideo
英夫
TED動画って面白いよな。
Eiko
英子
お兄ちゃん、急にどうしたの?
Hideo
英夫
やっぱり人生について学ぶ必要があるしな。
Eiko
英子
おこしん、お兄ちゃんがカッコつけててなんかキモいよ!
Okoshin
おこしん

まあ、英夫くらいの年の男子なら割とやりがちなことだけど…。
TED動画は英語の勉強にもなるからね。

「TED動画でどうやって英語の勉強をしたらいいの?」
「リスニングを楽しく効果的に続ける方法は?」
「様々なネイティブスピーカーの発音を聞くには?」
という疑問をお持ちではありませんか?


そこでこの記事では、そんな英語リスニング力アップに関するお悩みを、海外で英語を日常的に使用して生活する筆者の観点から解決します。

 

具体的には

「TEDICT」とは
「TEDICT」の使い方
「TEDICT」を使うメリットとデメリット

の順番にご紹介していきます。
英語のアプリを使ってリスニング力を向上させたい方は、ぜひご一読ください。

英語のリスニングアプリ「TEDICT」とは

TEDICT

TEDICTとは、様々な分野の著名人がスピーチをするTED動画を見ながら手軽にディクテーション※ができるアプリです。
※「英語の音声を聞き取って、それを一語一句書き起こしていく」トレーニング法

 

動画のジャンルは環境、テクノロジー、芸術、政治、心理学、経済、日常生活など幅広くあります。 TEDの動画配信は2006年に開始。

 

TED動画自体はTEDICTアプリがなくてもTED公式ホームページおよびYouTube公式チャンネルで視聴可能です。

英語のリスニングアプリ「TEDICT」の使い方

英語のリスニングアプリのおすすめであるTEDICTですが、勉強方法が少し複雑です。
以下で詳しい学習手順をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

英語リスニングアプリ「TEDICT」使用法①:まずはそのまま視聴する

TEDICT

まずはトピック、動画の長さやキーワードの検索等で動画を選んで視聴します。

例えば私の場合、トピックを自分に身近なEntertainmentやScienceにして、動画の長さを0-6minの中から選ぶととっつきやすい動画が見つかります。

 

ほかにも、ネットでおすすめされているTED動画を検索するというのもおすすめです。


TEDICTでは英語、日本語字幕のあり・なしや再生速度(×0.4~2.1)も変更できます。


初心者の方や気持ちが乗らないときは、英語あるいは日本語字幕付きで見るのもありですが、ある程度慣れている方は字幕なしから始めるのをおすすめします。

英語リスニングアプリ「TEDICT」使用法②:ディクテーションをする

TEDICT

ディクテーションとは、「英語の音声を聞き取って、それを一語一句書き起こしていく」というトレーニング法です。


なぜディクテーションがリスニング力アップに良いのか。簡単にいうと、意識して音を聞くようになるから。


耳から聞こえた英語を書き出すことによって、音の繋がり(リンキング)や正しいスペルが身につくのです。


具体的には、①のステップで話の内容をざっくり把握した後にディクテーションに移ります。


TEDICTには一文字ずつ書き起こしていく通常のディクテーションのほか、ランダムに配置された単語を並び直すTEDICTisyという、比較的ハードルの低いディクテーション機能があります。


このTEDICTisyでハードルを下げることがミソだと私は思っています。


初めから通常のディクテーションを始めてもいいのですが、私のように集中力が足りなかったり、飽きっぽかったりする人には、一文字ずつの文字起こし作業はキツいかもしれません。


英語力を伸ばすには継続することが大切なので、そのときの自分にあったハードルを用意することは大切です。

英語リスニングアプリ「TEDICT」使用法③:リピーティング、オーバーラッピング、シャドーウィングをする

TEDICT

リスニングとスピーキングをつなげる3つのトレーニング方法もおすすめです。

リピーティング:
英語の音声を聞いて、それを真似して発音するトレーニング
※Repeat Playerという機能で1文ずつ練習することができます。

オーバーラッピング:
英文スクリプトを見ながら英語の音声を流して、音声に自分の英語をかぶせるようにして同時進行で発音するトレーニング

シャドーウィング:
スクリプトを見ずに英語の音声を聞きながら、音声から一瞬遅れて発音する(影のように追いかける)トレーニング

上記の手法を通して、聞くだけでなく声に出して音やリズムを確認することで、ディクテーションの効果が高まります。

Eiko
英子
つまり、動画を見ながらいろんな方法で勉強できるって寸法だね。
Hideo
英夫
そーいうことだな!

英語リスニングアプリ「TEDICT」を使うメリットとデメリット

ここまで”TEDICT”の使い方を詳しく解説してきましたが、私が実際に使っていて感じるメリットとデメリットを紹介しておきます。

英語リスニングアプリ「TEDICT」のメリット:

・英語の学習のためだけでなく、人生のためにもなるTED動画の中から興味のあるトピックを選べるから面白い。
・動画をあらかじめダウンロードしておけばオフラインでも使える。
・イヤフォンがあれば隙間時間にどこでもできる。
・いろいろな国の人の英語に耳を鳴らすことができる。

英語リスニングアプリ「TEDICT」のデメリット:

アプリダウンロードが有料(360円):

最初のダウンロードだけでそれ以外は無料。また、無料版TEDICTliteで試してから購入できる。
※無料版TEDICTisyには広告の表示や視聴コンテンツの制限があります。無料版で使い勝手を試した後、本格的な学習には有料版の利用がおすすめです。

英語学習初心者には難しいかもしれない:

好きなジャンル、面白いものを選ぶ、繰り返し聞くことで聞きとれるようになる。個人的には好みのタイプの人(見た目 and/or 声)を選ぶのもありだと思います(笑)。

Hideo
英夫
自分が好きなタイミングで好きな動画で勉強できるわけだな。
Eiko
英子
・・・
Hideo
英夫
ん、なんだよ!?
Eiko
英子
お兄ちゃん、変なこと考えてる?
Hideo
英夫
な、なわけねーだろ!
Eiko
英子
ようやくいつもの兄に戻ったようです♪
Hideo
英夫
なんだかなぁ。

英語リスニングアプリ「TEDICT」のまとめ

英語リスニングアプリであるTEDICTは、以下のような人におすすめな英語アプリです。

効率的にリスニング力を上げたい人
リスニング力と同時に総合的な力をアップさせたい
TED動画を通して、教養と英語力を同時に身につけたい人
自分でハードルを調整しながら勉強したい

上記に一つでも当てはまったら、TEDICTはあなたに合っている可能性が高いでしょう。また、当てはまっていなくてもTEDICTisyを試してみて損はないはずです。TED動画も楽しみながら英語学習を継続して頑張りましょう。

Hideo
英夫
にしても、「英語物語」と「TEDICT」ってファンタジーと現実世界って感じでかなり雰囲気ちがうな。
Eiko
英子
でも、英語に国境はないよっ!
Hideo
英夫
そーだよな!
Eiko
英子
美味しいものに国境がないように。
Hideo
英夫
おう。
Eiko
英子
グルメに勉強しよー!
Hideo
英夫
なんだそれ!

TedictのダウンロードURL

iOS版アプリページ

Android版アプリページ
この記事を書いた人

英語物語編集者

英語物語のお知らせやキャンペーン情報などをお伝えします。

コメントはまだありません

コメントを残す