使ってたら恥ずかしい?!英語の赤ちゃん言葉を紹介!

公開日:2021/03/23
更新日:2021/05/11


こんにちは! 英語メディア事務局です。みなさんは英語の赤ちゃん言葉ってご存知ですか?

日本人の赤ちゃんももちろんかわいいですが、外国人の赤ちゃんも本当にかわいいですよね!

日本でもママ、パパ、じいじ、ばあば、わんわん、まんま(ご飯)など赤ちゃん言葉があるように、英語にももちろん赤ちゃん言葉はあるのです!

意外となじみのある単語もあるので、日本人のみなさんは英語で赤ちゃん言葉と知らずにしゃべってしまっているかもしれないので、少し注意が必要です。笑

事前に知っておけば、外国人の赤ちゃんと会ったときに使えるのはもちろんのこと、間違えて赤ちゃん言葉をしゃべっていた!なんていう恥ずかしい状況も避けられますね!笑

そこで今回は英語の赤ちゃん言葉をいくつか紹介しようと思います。

漫画:怜介

無意識に使っているかも!?覚えておいた方がいい英語の赤ちゃん言葉集

外国人の赤ちゃんの写真

お父さん・お母さん

日本でもお父さん、お母さん以外にもパパ、ママなどいろんな呼び方がありますよね!

その中でも赤ちゃんが覚えやすいことから、よく使われているのはやはり「パパ、ママ」ですね。

では、英語で赤ちゃんは両親のことをなんと呼ぶのでしょうか?

お父さん:papa, daddy
お母さん:mama, mommy

「papa」「mama」は日本と同じです。「daddy」「mommy」は海外映画やドラマなどでよく聞く表現ですが、赤ちゃんが使う呼び方なのですね!

ちなみにこれらの表現は大人が使うとちょっと変に思われてしまうので注意してください。

たとえば大人の男性が母親のことを「mama」や「mommy」と表現していたら、「あれ?この人マザコンなの?」と思われるそうです。笑

日本でも大人が職場など家以外の場所で両親のことを「パパ、ママ」と呼んでいたらちょっと変だと感じますね。それと同じです。

では、どのように言えばいいの?と思うかもしれませんが、両親を呼ぶときは「dad」「mom」を使うのが基本なようです。また、日本語で「父」「母」と言うように職場や友人との会話で話題に出すときはシンプルに「father」「mother」を使いましょう。

お兄ちゃん・お姉ちゃん

お兄ちゃん、お姉ちゃんは日本人の赤ちゃんや小さい子は「にいに、ねえね」と言いますよね。
英語では赤ちゃんはお兄ちゃんお姉ちゃんのことを下記のように呼びます。

お兄ちゃん:Bubby
お姉ちゃん:Sissy

これはあまり日本人にはなじみがないかもしれません。通常はお兄ちゃんは「Brother」、お姉ちゃんは「Sister」ですが、赤ちゃんが言いやすいような言い方になっているのですね!

おいしい

おいしいという英単語「Yummy」はみなさんよく知っているかと思います。レストランで店員さんから「この料理どうだった?」と聞かれて「Yummy」と答える方も多いのではないでしょうか?

しかしこの「Yummy」も赤ちゃんや小さい子が使う表現なので、気をつけてくださいね!日本語で「おいちい」と言っているようなニュアンスになってしまいます。

「Yummy」以外にも赤ちゃん言葉で「yum-yum」と言うこともあります。赤ちゃんが「yum-yum」と言いながら離乳食を食べいたらこの上なくかわいいですね!笑

大人のみなさんがおいしいと言いたいときは「tasty」や「delicious」を使うか、シンプルに「good」や「great」「I like it.」のように感想を述べるのがよいです。

犬、ねこ

犬やねこは通常であれば「dog」「cat」ですね。では、赤ちゃん英語だとどのようになるのでしょうか?

犬:doggy
ねこ:kitty

犬は「doggy」、ねこは「kitty」と赤ちゃんは言いますが、どちらも日本人のみなさんにもなじみのある単語ですね!

とくに「kitty」と聞いて、「あ!キティーちゃん!そういうことか!」と気づいた方もいるのではないでしょうか? 「doggy」「kitty」もよく聞く表現なだけに、大人のみなさんは間違って使わないように気をつけてくださいね!笑

おしっこ、うんち

赤ちゃんはまだ自分一人でトイレに行けません。少し話せておむつが外れるか外れないかくらいになった子だと、パパやママに「おしっこしたい」「うんちしたい」と伝えてトイレに連れていってもらいますよね!

ではそんなときに赤ちゃんはなんと言うのでしょうか?

おしっこ:pee-pee, wee-wee
うんち:poo-poo

「pee-pee, wee-wee」はどちらも赤ちゃん言葉でおしっこをする、「poo-poo」はうんちをするという意味です。

「pee-pee」「wee-wee」などすべて繰り返している表現がとてもかわいいですね!

これはさすがに日本人のみなさんは間違えて使うことはないと思いますが、ホームステイ先で赤ちゃんがいた場合のように、外国人の赤ちゃんと接する際に知っておくと役に立つ単語です。

赤ちゃんは冠詞や前置詞などを使わない

ここまでは赤ちゃんが使う単語を紹介してきましたが、単語に限らず文法も言葉を覚えたての赤ちゃんには特徴があるようです。

言葉を覚えたばかりの赤ちゃんはまだ大人のように正しい文法で話せません。ですので、「a, an, the」などの冠詞や「to, at, in」などの前置詞など細かい単語を抜かすことがあります。

I want eat.(ごはん食べたいの)
Mama, I have spoon.(ママ、スプーン持ってるよ!)

日本人の皆さんも冠詞や前置詞など細かい単語を抜かしてしまいがちですが、赤ちゃん言葉のように聞こえてしまう可能性もあるので気をつけてくださいね!

とってもかわいい赤ちゃん英語!シーンで使い分けられるようになろう!


今回は日本人が間違って使ってしまいそうな英語の赤ちゃん言葉から、一般的に外国人の赤ちゃんがよく使う単語を紹介しました。

「うわ!俺(私)使ってた!」「え!これって赤ちゃん言葉なの?」のように意外と日本人のみなさんは英語で赤ちゃん言葉を使ってしまっている方が多いのではないでしょうか?笑

とくに冠詞や前置詞を抜かしてしまうのは英語勉強中の私たちはやってしまいがちなので要注意ですね!

日本語と同じように英語にも赤ちゃん言葉があるとわかりました。大人と話すときは使わないように気をつけるべきですが、外国人の赤ちゃんと触れ合う機会があったらぜひ積極的に使ってみてくださいね!

遊びながら英語を勉強できるアプリ!

ダウンロードはこちら