語学学習アプリ「Duolingo」メディア向けセミナー」へ招待されたので、まとめてみた。

公開日:2021/06/09
更新日:2021/06/10

どうも、英語物語のゴン氏です。
英語物語のザ競合アプリ、Duolingo様からメディア向けセミナーに招待されたので、
潜入取材してきました。とても素晴らしいサービスだと思うので、
英語物語と一緒に英語学習にご活用頂けるといいのかなと思います。

Duolingoの中身についてはこちらの記事で解説してるので、
ぜひ御覧ください。

セミナーの目次と軽い感想

11:00-11:01 ・主催者挨拶 ・・・PCの電源が落ちて聞けなかった。
11:01-11:12 ・Duoling社の概要/サービス紹介について・・・めちゃいいサービスっだった。
11:12-11:17 ・「TIME100 MOST INFLUENTIAL COMPANIES」の受賞について・・・強い。
11:17-11:27 ・日本人の語学に関する実態調査結果について発表・・・日本人には遊びが重要
11:27-11:32 ・DETの国際的な広がりについて・・・素敵なテストらしい。
・DETの活用事例について、ゲスト:松本杏奈さん(スタンフォード大学進学予定)・・・かっこよすぎる。
11:32-11:37 ・Vtuberを活用した取り組みについて・・・100万DLを超えるVuberがOrganicで配信してるらしい。海外ユーザとの交流されてるらしい。
11:37-12:00 ・質疑応答・・・勇気を出して質問した。
12:00  終了

印象に残ったところ

Duolingoで、クリンゴン語が学べる。

最近、ビッグバンセオリーというドラマで良くスタートレックのクリンゴン語の話がでてて、
気になってたんだけど、なんとデュオリンゴで学べるらしい。
ゲームオブスローンズの言葉も学べる。

志があつい。

グアテマラ出身のCEOが、語学を無料で学べるようにしたいという志で始めたらしい。
今は、そのユーザが、良い給料の仕事につけるようにすることが目標らしい。
熱い。英語物語もそうならねば。

DuolingoのDTを活用してスタンフォード大学に合格した松本さんの話

とにかく、途中で登壇されてた松本さんが、かっこよかった。
自分が中学生の時に話を聞いたら人生変わってた。

日本だと、疑問を先生に聞いたら怒られる。
好きだから、活動すると浮いてしまう。
浮いてるのですら、認めてもらえる文化がアメリカにはある。

スタンウォード大学では、あなたを合格させた理由という手紙が試験官からくるらしい。
なにそれ、行きたい。

元々マサチューセッツ工科大学に行きたくて、
サイエンスキャンプにでて、仲間たちと
「アカデミアの世界でまた会おう。」って誓って
ほんとに皆海外の大学に合格したらしい。

松本さんが、海外留学の道を切り開いた事で、
後輩や仲間達もどんどん挑戦しだしたらしい。

DETのいいところ By 松本さん

・1時間で終わる。
・長時間座るのが苦手でも、最後まで集中力が続く工夫がある。
・地方でも受けれる。・徳島県は日本で唯一、電車がない県らしい
・簡単にアメリカの高校に出願できる。
・安い。出願費用がやすい。
・長い文章が読めなくてもいい。英語は使えればいい。

その他

ビル・ゲイツも使ってるらしい。
ホワイトハウスでプレゼンしたらしい。

セミナーでの学び

デュオリンゴすごい。英語物語もよく考えて行動せねば。