こどもの英語は歌からスタート!遊びながら自然と英語が身に付く!

こどもが初めて英語に触れるときは何から始めますか? アルファベットや簡単な英単語を教えるのもよいのですが、歌から英語学習をスタートさせるのがおすすめです。

歌なら遊びながら英語に触れられるため、楽しみの延長で英語を学べます。日本語を話せるようになったときと同様に、歌ったり手遊びしたりしながら自然と英語を身に付けましょう。

この記事では、こどもが歌で英語を学ぶメリットや学び方、おすすめの歌を紹介します。こどもの英語学習を始めるときの参考にしてみてください。

こどもが歌で英語を学ぶメリットは?

こどもが歌で英語を学ぶメリット

まずは歌で英語を学ぶメリットからお伝えします。メリットを明確にすることで、より効率的な英語学習ができますよ。

こどもが英語を好きになる

歌で英語学習を始める大きなメリットは、こどもが英語を好きになれること

これから英語の勉強を始めるこどもは、大人のように英語に対する苦手意識がありません。日本語英語にかかわらず、こどもは楽しく歌ったり踊ったりすることが好きです。

遊びの延長で英語をスタートすることで、英語は楽しいものだと思ってくれるでしょう。

最初の段階で英語を好きになると、これからの英語学習がスムーズにいきますよ。小学校3年生から英語学習が始まり、以降は教科の一つとして英語を学びます。

最初に英語を好きになれるかどうかは、これからの英語人生に大きく影響するでしょう。

英語のリズムや発音を学べる

こどもが英語を学ぶときに、親が先生だと正しい発音がなかなか伝えられません。英語が得意であっても、正しい発音かどうか自信がない人も多いのではないでしょうか。

英語独特の発音やリズムは、親が正しく教えるのは難しいでしょう。その点、英語の歌なら、マネして歌うことで自然とリズムや発音が身に付きます

小さなこどもは日本語や英語の区別なく素直に音を聞けますので、正しい発音を身に付けるチャンスです。英語に触れる機会を増やすことで聞く力が育ちますよ。

インプットとアウトプットが同時にできる

英語学習においては、インプットだけでなくアウトプットも重要です。目で見て耳で聞いて覚えた英語は、実際に話すことでしっかりと定着します。

英語の歌なら、特に教えなくても、こどもがマネして歌うこともあるでしょう。歌を聞いてインプットした英語を自然と使えるため、無理なく英語が身に付きますよ。

手遊びで単語を覚えられる

手遊びを取り入れれば、英語の歌を聞く時間をもっと楽しくできます。体のパーツを触りながら歌う曲なら、対応パーツの英語が自然と頭に入るでしょう。歌と手の動きが連動するため、しっかりと英単語を覚えられるのがうれしいですね。

さらに、走る、ジャンプといった動作に関する歌詞なら、全身を使って踊りながら歌えます。歌詞を変えるといった応用も効くので、覚えさせたいフレーズでオリジナル歌詞を作ってみましょう。

英語の歌で楽しく学ぶステップ

英語の歌で楽しく学ぶステップ

続いて、歌で英語を学ぶステップを紹介します。自然に任せておいてもよいのですが、段階を踏めばより効率的に英語学習ができますよ。

ステップ1.こどもが好きな歌を探す

英語を学ぶために繰り返して聞く歌は、こどもが好きな歌にするのがベスト。まずはこどもが好きな歌を探しましょう。

このとき、歌だけを聞かせるのではなくYouTubeやVODサービスなどで動画を見せるのがおすすめです。耳で聞くだけでは興味が持てなくても、映像から興味を持つこともあります。

知らない英語の歌から始めると、こどもにとっては少々とっつきにくいかもしれません。動画や歌自体に興味が持てないと、楽しさが半減してしまいます。

英語バージョンがある歌なら最初は日本語でも構いませんので、こどもが気に入る動画を探してみましょう。

ステップ2.こどもに英語の歌を聞かせる

お気に入りの歌が見つかったら、何度も繰り返してこどもに聞かせます。日本語で好きな動画や歌があるなら、英語バージョンを少しずつ混ぜてみてください。

気を付けたいのは、同じ動画を繰り返して見せ過ぎると、こどもが飽きてしまう可能性があること。同じ歌でも、アニメーションやダンスなど、いくつかの映像パターンがあるとよいですね。

英語の歌に慣れさせるために、車での移動中や入浴中に歌だけ聞かせるのもおすすめです。

ステップ3.手遊びしながらこどもと一緒に歌ってみる

こどもがおとなしく動画を見ているようなら、こどもを誘って、動画に合わせて手遊びしたり歌ったりしてみましょう。映像を見ながらこどもが自発的に遊んでいたら、親も参加して一緒に楽しむのがおすすめ

歌を教えるというよりは、手遊びの動作を教えることから始めた方がよいでしょう。大きく体を動かすとこどもだけでなく親も楽しい気持ちになれますよ。

ステップ4.歌で覚えたフレーズをアレンジする

こども向けの手遊び歌には、体のパーツを触る歌詞がたくさんあります。手をたたいたり足を鳴らしたりといった動作の歌詞も多いですよね。

そういった歌詞の触るパーツを変えたり動作を変えたりして、アレンジしてみるのもおすすめです。

覚えた英語の歌詞をアレンジすることで、単語がしっかり覚えられます。「次はどこのパーツを触るかな?」とゲーム性を高めて親子で遊べるため、楽しみながら集中力も高められるでしょう。

こどもにおすすめの英語の歌3選

こどもにおすすめの英語の歌

ここからは、手遊びも楽しめる英語の歌を紹介します。誰もが知っている歌の英語バージョンなら、英語に慣れていない親でも楽しく歌えますよ。

Head Shoulders Knees And Toes|あたま かた ひざ あし

「あたま かた ひざ あし」というフレーズを聞いたことがある人も多いでしょう。この歌は英語バージョンでも歌いやすく、こどもが体のパーツを覚えるのにも役立ちます。

日本語と英語を交互に聞くと、セットで覚えられるのでより身に付きやすいでしょう。実際に体のパーツを触ったりパーツを変更したり、ゲームとしてもたくさん楽しんでみてください。

【英語バージョン】
https://www.youtube.com/watch?v=RuqvGiZi0qg
【日本語バージョン】
https://www.youtube.com/watch?v=oTtSGmwc1hk

If Sharks Are Happy|しあわせな ちびザメ

サメの家族が登場する動画は、映像が分かりやすく楽しんで見ることができますよ。

この歌では「うれしい」や「かなしい」といった感情を学べます。うれしいときは笑顔になり悲しいときは涙が出るといった、感情に伴う変化が歌詞になった意外と深い歌です。説明が難しい気持ちの変化についても、サメたちの表情で理解が深まりそうですね。

【英語バージョン】
https://www.youtube.com/watch?v=fa72Wn0vQac
【日本語バージョン】
https://www.youtube.com/watch?v=0v34ihxY5Yc

If You’re Happy And You Know It|うれしいときははくしゅしよう

手遊びだけでなく全身を動かして楽しみたいときはこの歌がおすすめです。拍手・足踏み・掛け声を順番にやっていき、最後に全部をまとめてやります。こどもと一緒に元気よく歌って動きたいですね。

オリジナルの動作を決めて歌詞をアレンジしてみるのもおすすめです。覚えたい英語のフレーズを組み合わせて、動作で覚えれば、英語学習もはかどるでしょう。

【英語バージョン】
https://www.youtube.com/watch?v=M6LoRZsHMSs
【日本語バージョン】
https://www.youtube.com/watch?v=ClCBtTB4Hoo

英語の歌を聞かせるだけでなく体を動かして遊ぼう!

こどもが英語を学ぶためには、まずは英語を好きになることが大切。そのためには、英語に触れる最初の段階で、こどもに英語を楽しいものだと思ってもらいたいですね。歌って踊って、英語に触れる時間を楽しい時間にしましょう。

親子で一緒に英語の歌を楽しんでいると、こどもにとって英語が楽しいものになります。同じ歌を楽しみながら、少しずつ内容をステップアップしていくと、自然と英語が身に付くでしょう。気が付いたら、英語が得意なこどもになっているかもしれませんよ。

遊びながら英語を勉強できるアプリ!

ダウンロードはこちら

0 0 vote
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments