ラジオで英会話力をアップ!効果的な勉強法とおすすめラジオを紹介

英会話をなんとか上達させたいですよね。

世の中にはアプリや動画、また英会話スクールなど多種多様な教材があるので、どれを選んだらいいか迷いますよね?

そこでおすすめしたいのが、ラジオを使った英会話の勉強!じつはTOEIC高得点者もラジオを使った勉強をしている人が多いんです。

ラジオはコスパ最強、さらに授業のように学べるので、英会話を上達させたいなら取り入れないと損!

今回はおすすめのラジオ講座と、ラジオを活用した勉強法を紹介します。

英会話の勉強にラジオがおすすめな理由

英会話の勉強にラジオがおすすめな理由

ラジオは英語を学ぶ上で、とても優秀な教材です。
その理由は3つ!

  • 場所を選ばない
  • コスパ最強
  • 繰り返し学習

正直、こんなに便利な教材ってあるのかなと感じてしまうほどです。

語学学習にラジオがどれだけおすすめなのか、詳しく説明します。意外に知らないこともあるかもしれませんよ。

場所を選ばす勉強できる

現在のラジオは、スマホやパソコンからも聞けるので、場所を特定する必要がなくなりました。そのため、どこにいてもラジオ視聴が可能。

早い時間に通勤する人でも、移動中にラジオを聞くこともできます。便利な時代になりましたよね。

コスパが良い

ラジオの最大のメリットといえばコスパです。多くのラジオは無料放送しているので、英語学習者も無料で学べる環境。

なかには有料のものもありますが、数百円程度です。有料アプリや英会話スクールと比較すれば、どれだけコスパがいいのかわかりますよね。

ラジオ配信のなかにはテキストが必要なものもありますが、テキストもワンコインほどなので、出費の負担も軽く済みますよ。

アプリを使えば繰り返し学習できる

最近は、アプリを活用したラジオ視聴やインターネットからも聞けるラジオがあります。アプリの場合、事前にダウンロードしておけばストリーミングで聞けるので、決まった時間でなくても視聴可能。

また、インターネット配信も場合も同じです。わざわざラジオを録音する必要もないのがうれしいですよね。

ストリーミング機能で、苦手分野を何度も繰り返し学習してみましょう。ただし、ストリーミングは配信期間が決まっているものが多いので、期間には注意してください。

英会話を学ぶおすすめラジオは「NHKラジオ英会話」

NHKラジオ英会話

英会話勉強でおすすめするラジオは、ずばり「NHKラジオ英会話」です。この講座はNHK語学講座のなかでも大人気。レベルは英検2級~準1級ですが、初級者の人でも楽しめる構成になっています。

「NHKラジオ英会話」をおすすめする理由と人気のヒミツを探ってみました。

大西先生の英語講座で大ヒット

現在の「NHKラジオ英会話」は2018年から大西泰斗先生が受け持っている講座です。大西先生は英語の分野で有名な先生で、教え方に定評があります。

大西先生のモットは「英語と日本語の感覚と共通性を示す」こと。この言葉だけを聞くと難しく聞こえますよね。

学校で教わる授業では、英語と日本語の外観の違いをメインに教えています。
例えば

  • 英語・・・S+V+O
  • 日本語・・・S+O+V

のような文章構成の場合、なぜこのような違いが出ているのかという説明はありませんよね。私たちは丸暗記という形で覚えていたと思います。

ただし、英語は丸暗記だけでは成り立ちません。このような文のパターンをどうやったらイメージできるのか、その部分まで説明してくれるので、学習者は頭に入りやすいんです。

ほかの先生とは一味違った方向で教えてくれる大西先生。大西先生の講座が始まると、テキストが飛ぶように売れ重版が追いつかないほどヒットしたそうです。

また講座が始まる4月はテキストがよく売れますが、徐々に衰退していくのが今までの流れ。大西先生が受け持つ「NHKラジオ英会話」はその衰退すら見せなかったそうです。

2020年現在も、大西先生のユーモアあふれる内容で多くの視聴者がいます。

大西先生の教え方で離脱者も現象

大西先生の教え方は、生徒が興味を示すような教え方としても有名です。ユーモアを交えながら教えるので、楽しいのはもちろん、もっと知りたいという気持ちにさせられます。

また講座から流れる英語は少しゆっくりめのスピード。聞き取りが苦手な人でもなんとかついていけるレベルなので、初級者の人でも始めやすいのが特徴。

また講座は「話すための文法」が中心。ネイティブがどんな感覚で使っているかも交えて説明してくれるので、イメージもつきやすいです。

「NHKラジオ英会話」は1講座15分ですが、この短時間にも多くのことが盛り込まれているので、離脱者が少ない講座としても有名です。

ラジオ英会話を使った効果的な勉強法

ここからは、ラジオを使った勉強法を紹介します。先ほど紹介した「NHKラジオ英会話」も以下の方法で復習してみてください。

またほかのラジオ番組でも、似たような勉強はできるので応用が効くと思います。

NHKゴガクアプリをダウンロードしておく

NHKゴガクアプリ

「NHKラジオ英会話」を使う方はNHKゴガクアプリをダウンロードしておいてください。

このアプリは過去の講座が聞けるのはもちろん、ストリーミング視聴が可能。さらに問題も掲載されているので、スキマ時間でも利用できる優れものです。

NHKで配信されている語学講座の多くが対応していますので、英会話以外の講座も聞けますよ。

ダイアログを聞いて話の流れをつかむ

復習では、テキストを見ずにまずは音声だけを聞いてみましょう。聞き取りができるまで繰り返し聞いてみてください。

ここで注意したいのは「聞き取り」に重点を置くこと。英文の意味がわからなくても大丈夫です。

音声から聞こえたフレーズを書き出す

次は、聞き取れたフレーズをノートに書きだします。一語一句、漏れがないよう書いてください。

書き終えたら、自分が書いたフレーズから日本語訳を書いてみてください。ここでもテキストは見ません。

日本語訳を書き終えたら、初めてテキストの出番。英文と日本語訳が正しいか答え合わせをしましょう。これはあくまでも復習なので間違っていても問題ありません。

ただし、間違っている部分はしっかりメモを取ってください。

  • 聞き取れなかった単語
  • 知らない単語や表現
  • スペルミス

日本語訳の意味も頭に入ったら、最後にもう一度音声を聞いて内容を確認します。

リスニング力が足りないと英語も書けないので、リスニング強化にもおすすめの勉強法です。

音声を流し一緒に発音(シャドーイング)する

次はシャドーイング。テキストを見ながらで問題ないので、音声を流し一緒に発音してみましょう。

大西先生の講座では「テキストは丸ごと暗記」を提唱しています。声に出すことでフレーズがより頭に入りやすくなるので、この工程は何度も行ってください。

日本語フレーズを英語フレーズに置き換える練習する

最後の締めは、日本語から英文に直す練習です。

講座でも瞬間英作文のコーナーがありますが、この練習はとってもおすすめ。じつは英文を和訳するよりも、和訳を英文にする方が難しいんです。

短い時間でどれだけ正確に英文に直せるかチャレンジしてみましょう。

ラジオの小技⁈米軍基地に近い人はラッキーかも

これは私の体験談ですが、実家は米軍基地から車で30~40分の場所にあります。

中学時代、ラジオっ子だった私は、家にいるときはほとんどといっていいほどラジオを聞いていました。そのとき発見したのが、米軍基地から流れてくるラジオです。

実家はラジオがギリギリ入るエリアだったため、たまに聞き取りにくいですがネイティブが話す内容を聞くのは新鮮でした。

アメリカのニュースや音楽番組など、配信される内容はさまざまです。スピードはかなり早いので上級者向けかもしれませんが、米軍基地のラジオで英語漬けになるのもいいですよ。

私はこのラジオのおかげで洋楽ファンになったほどです。自宅が近い人はぜひ、周波数を探して視聴してみてください。

まとめ

無料の教材で、ここまで英会話を勉強できるラジオは素晴らしいですね。

今回紹介した勉強法は、TOEIC高得点者も学習していた方法なので効果抜群です。復習にどれだけ時間をかけたかによって、英語力が伸びるスピードも変わってきます。繰り返し何度も復習してみてくださいね。

遊びながら英語を勉強できるアプリ!

ダウンロードはこちら


この記事を書いた人

かつお

海外一人旅が好きなライターです。ここ3年は東南アジアにどっぷり浸かってます。海外旅行の楽しみは「遺跡巡り」と「現地ビール」です。

0 0 vote
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments