英会話を独学したい人必見!オススメの勉強法を徹底解説

公開日:2022/09/16
更新日:2022/09/16

「英会話できるようになりたい!」と思ったこと、ありませんか?

近年、英会話の需要は、新卒の社会人をはじめ、学生などの若い世代の間で、増加の一途を辿っています。

2020年の親が子供にさせたい習い事の1位に「英会話」が輝くなど、親世代までもが英会話に興味を持ち始めているのです。

英会話スクールも多数存在しますが、自分のペースでコスパよく勉強したい人は、独学がオススメ。

この記事では、英会話を独学で上達するための勉強法について紹介します。

英会話の独学を成功させるコツって?


英会話を自分のペースで学びたい!という人にピッタリな勉強法は「独学」です。

独学は、時間の都合・コスパの良さともに魅力的ですが、一歩間違えるといつまでも上達できずに停滞してしまうことも。

そこで、英会話の独学を成功させるためにハズせない、3つのコツを紹介します。

これから英会話を独学しようとしてるという人はもちろん、すでに独学をスタートしているけれど上手くいかず行き詰ってしまったという人は、ぜひ参考にしてください。

テスト・受験用の勉強法は忘れること

英会話の独学を成功させたい人は、ひとまずテスト・受験用の勉強法は忘れることが大切です。

英会話を独学しよう!と思ったときによくあるのが、中学・高校の勉強法のまま独学するパターン。

中学・高校で勉強した方法を思い出してみると、単語を暗記したり、テキストの練習問題を覚えたり……といった記憶があることでしょう。

ただ、英会話を独学する上では、中学・高校で行っていたテストや受験のための勉強法は、一度忘れてください。

英会話を上達したいなら、英語を覚えるのではなく「話す」ことを目標にすることが重要です。

話すことに重点を置いて、声に出す練習から、より実用的なフレーズを習得するなど、英会話ならではの勉強法を実施していきましょう。

ゴールを決めて計画的にコツコツ勉強

英会話の独学は、モチベーションを維持するのが難しく、挫折してしまう人もたくさんいます。

そこでぜひ意識して欲しいのが、ゴールを決めることです。

英会話で何をしたいのか、どれくらい話せるようになりたいのかを、具体的に想像してみましょう。

たとえば、海外旅行で使える最低限の英会や、日常会話レベルの英会話。

ビジネスシーンで使えるくらいフォーマルな英会話など。

このように、英会話レベルはたくさんあります。

まずは、自分が英会話を使ってしたいことを明確にさせることが大切です。

そして、いつまでにマスターしようと達成期日を設定しましょう。

目標に向かって、達成期日と照らし合わせて進捗確認することで、モチベーション維持へと繋がります。

通勤・通学などのスキマ時間をフル活用

効率的に英会話上達を目指すためには、スキマ時間をフル活用することが大切です。

たとえば、通勤・通学の移動時間。

スマホを使えば、移動中のスキマ時間であっても、リスニング学習が可能です。

部屋で音楽の代わりに英会話シリーズの教材を流したり、湯船につかって英語の映画を観たり。

耳が英語に慣れるためにも便利な方法で、英会話フレーズを習得するためにも役立ちます。

このように、日常を見直すことで、スキマ学習する時間をたくさん見つけることができるはずです。

独学は、勉強時間が長引けば長引くほどダラけてしまい、諦めやすくなってしまいます。

そのため、スキマ時間を活用して独学を進め、短期間で効率的に勉強を進めることができるよう、工夫していきましょう。

独学で英会話!オススメの勉強法とは?


英会話を独学しようと思い立ったものの、いざ勉強をスタートするとなると「なにからやればいいのかな」と悩む人もいるでしょう。

ひとまず書店へ行って英会話の参考書を探したり、インターネットで「英会話 教材」と調べてみたり。

ただ、参考書・教材の数が多すぎて、「どれがいいのかわからない」なんてこともあるかと思います。

そこで、英会話を独学する人向けに、オススメの勉強法を解説します。

自分にピッタリな参考書・教材の選び方とあわせて紹介するので、ぜひご覧ください。

まずは自分にあった教材を1つだけ選ぶ

英会話を独学すると決意したら、まずはじめに行うのが教材選びです。

教材選びのポイントは、自分にあったものを1つだけ選ぶこと。

何冊か参考書を買ったり、複数の教材に手を出したりすると、どれも中途半端に終わってしまう可能性が高くなります。

また、背伸びしてレベルが高い教材を選んでしまうのも、避けるべきポイントです。

難しさから勉強が次第と苦痛に感じてしまい、挫折しやすくなります。

独学を成功させるためには、勉強を継続させることが重要です。

デザインや書き方など、これなら続けられそうだなというものを選んでください。

そして、初心者向けなのか中級者向けなのか、自分のレベルにあったものを選ぶようにしましょう。

どんどん声に出していくことが大切

英会話を独学する時は、「英語を声に出す」ことを意識しましょう。

参考書や教材に載っていた英会話フレーズを、目で追いながら声に出す。

このように、目で英語を見るだけでなく、声に出していくことが大切です。

体が英語にどんどん慣れていく上、独学内容が身につきやすくなります。

声に出すときには、口をしっかりと開けて大きな声で行いましょう。

発音やリズム、イントネーションなども同時に意識していくと効果的です。

英会話を独学する上で、目や耳は、あくまでインプットの場所。

口や体を動かしながら、英語を声に出することが、英会話のアウトプットです。

声に出すことを意識しながら、インプットとアウトプットを繰り返していきましょう。

海外ドラマ・映画でシャドーイング

英会話の独学で欠かせないのが、シャドーイング。

シャドーイングとは、聞こえてきた英会話をそのまま声に出す勉強法のことです。

聞こえてきた英会話をそっくりそのまま真似するため、ネイティブの発音・イントネーションを効率的に勉強できます。

英会話ならではのリズミカルな話し方も身につくでしょう。

参考書や教材についている音声学習用のデータを使って、シャドーイングすることもできます。

ただ、これだと飽きてしまって独学が続かないことも。

そうしたときにオススメなのが、海外ドラマ・映画です。

たとえば、好きでハマっている海外ドラマや、何度でも観たいくらい好きな映画。

これらのワンシーンを使って、再生・巻き戻しを何度も行いながら、シャドーイングしていきましょう。

趣味・興味と関連づけて楽しむこと

英会話の独学を成功させるためには、なんといっても継続が大切です。

単純なことのように聞こえますが、独学の場合だと継続のハードルが高くなります。

独学は、英会話スクールなどと違って、勉強中の成果を評価される機会がありません。

上達したという手応えを感じづらいため、挫折してしまうこともあるでしょう。

独学を継続させるために欠かせないポイントは、趣味や興味など、自分のすきなことと関連付けて勉強することです。

料理やスポーツなど、自分が好きなジャンルの英会話フレーズを勉強してみたり。

洋楽が好きならば、聞こえてきたままリズムよく発音してみたり。

また、自分の好きなことについて英語で詳しく説明できるようになれば、趣味の話で英会話を盛り上げることもできるでしょう。

英会話を独学する時の3つの注意点と対処法とは?


英会話を独学するなら、集中して勉強して、なるべく早く英会話スキルを身につけたいですよね。

そこで注意したいのが、英会話の勉強法です。

英会話を独学する上で、独学ならではの注意すべきポイントがあります。

よくありがちなのが、間違った勉強法で進めてしまうこと。

なかなか成長しないなと思い挫折してしまったり、次第と飽きてしまって独学から離れてしまったり。

こうしたケースを避けるために、英会話を独学する時の3つの注意点と対処法について解説します。

自分のレベルにあった勉強法で独学

英会話を独学する上で大切なのが、自分のレベルにあった勉強法を見つけることです。

カリスマと呼ばれるような有名な人が提唱している勉強法が、自分のレベルにあっているとは限りません。

まずは、初心者向けの勉強法なのか、中級者向けの勉強法なのかを、しっかりと見極めましょう。

初心者であれば、「英会話初心者から上達した」という人の意見が参考になります。

実際に自分と同じ立場で、どのような勉強法で独学したのか。

体験者の声を参考にすることで、「この勉強法なら自分も挑戦できそう」という勉強法が見つかるはずです。

また、独学のモチベーションを保てそうだなと感じる勉強法であるかどうかも大切です。

興味がある・効率が良さそうと感じる勉強法を選択すれば、モチベーションを保ちやすくなるため、独学を継続しやすくなるでしょう。

資格のスコアアップにこだわりすぎないこと

英会話は、勉強の成果が見え辛いため、「上達しているのかな」と不安になってしまうこともあるでしょう。

独学の成果を数字で示したいという人は、TOEICなどの英語試験のスコアアップを考えているかもしれません。

しかし、英会話を上達する上では、スコアアップだけにこだわりすぎるのは注意。

スコアアップに目標が集中してしまうと、テストのための勉強になってしまいます。

結果、本来得たかったはずの英会話スキル上達という目的を達成できないということも。

英会話を独学する上では、英会話スキルを高めて何をしたいかをイメージすることが大切です。

たとえば、旅先で英会話できるようになりたい、英会話を使って観光案内がしたいなど。

自分のなりたい姿を具体的にイメージして、モチベーションを高めていきましょう。

学生時代のように暗記しようとしないこと

英語というと、暗記というイメージが強い人もいるかと思います。

中学・高校で英語の勉強をしていた時のことを思い出してみてください。

ひたすら紙にスペルを書いたり、声に出して読んでみたりと、英単語を暗記していた記憶があることでしょう。

英会話を独学する上では、過去行ってきたような暗記方法は重要ではありません。

暗記よりも、繰り返して自然と身につけていくことが大切です。

たとえば、英単語が音声収録されている教材。

付属の用語集をみながら、英単語を耳で聞いて、英単語を身につける方法です。

耳で聞くと同時に、自分でも発音してみることを忘れないようにしましょう。

単語の音・意味を覚えて、発音練習も同時にできるためオススメです。

まとめ:独学を成功させて英会話を楽しもう!


英会話を独学で上達させるためのオススメの勉強法について紹介しました。

英会話は、独学でもじゅうぶん習得できます。

自分にあった勉強法をしっかりと選んで、どんどん声に出して英会話の練習をしていくなど、コツをおさえて勉強していきましょう。

また、英会話を使ってしたいこと・なりたい自分のイメージを明確にさせておくことも大切です。

モチベーションを維持しながら、目標に向かって勉強していきましょう。

独学を諦めそうになったときは、興味がある分野の英会話・映画やドラマを使った勉強法がオススメです。

好きなことに関連付けることで、楽しみながら独学できるようになります。

自分にあった独学の勉強法で、英会話上達を目指しましょう。