独学で英会話をマスター!英会話の人気教材ランキング5選

公開日:2022/09/23
更新日:2022/09/23

英語を自由に話すことができれば、国問わずいろんな人とコミュニケーションできますよね。

身近に英語ペラペラな人がいて、スムーズに会話している姿をみた時、「いいなあ」なんて感じたことがある人もいるでしょう。

ただ、「いざ英会話を始めよう」としても、教材がありすぎるため、いったいどの教材を使えばいいのかと迷ってしまいがち。

この記事では、英会話を独学したい人にオススメな教材5選を、ランキング形式で紹介します。

英会話教材選びで大切な「3つのポイント」とは?


英会話を勉強すると決心したら、まずはじめに探すのが英会話教材です。

独学で英会話を勉強するとなれば、効果的な教材を選んで、効率的に勉強していきたいことでしょう。

しかし、「英会話 教材」などとネットで検索してみると、数えきれないほどの教材が出てきます。

数ある英会話教材から、自分にピッタリな教材を選ぶためには、3つの大切なポイントがあります。

いったいどのようなポイントなのか、具体的に説明していきましょう。

レベル・費用・見やすさをチェックして選ぶ

英会話の教材選びで大切なのは、「自分に合っている教材を選ぶ」ことです。

レベルが高い教材を無理に選んでしまうと、行き詰ってしまい挫折しやすくなってしまいます。

自分は初心者レベルなのか、もしくは中級者レベルなのか、適性レベルを判断してから教材を選びましょう。

教材の値段も自分にあった教材選びをする上で大切なポイントです。
また、教材のレベル・費用とあわせて、教材の使いやすさを確認する必要があります。

見やすいと感じる配色であったり、好きなデザインであったり。

「これなら毎日使える!」と思える教材を選ぶことが、英会話独学を継続させることへと繋がります。

ネイティブが使うフレーズが豊富かどうか

教材を比較して選ぶときは、英会話フレーズがたくさんあるかどうかに着目しましょう。

なかでもポイントになるのが、ネイティブが使うフレーズがたくさん入っているかどうかです。

たとえば、日本の中学・高校で勉強する文法を使ったフレーズ、英会話するとします。

文法として正しいとしても、ネイティブからすると「変な言い方だなあ」と感じることは多々あります。

テストの解答として求められるような文法であっても、ネイティブが違和感を覚える表現であれば、英会話として使えません。

そのため、ネイティブがよく使う表現が頻出する教材を選びましょう。

また、ネイティブの表現を勉強することは、英語圏ならではの発想や語感を養う上でも役立ちます。

発音のトレーニングができる

英会話を独学するときは、発音トレーニングができる教材を選びましょう。

英会話する上で、しっかり発音できる自信をつけることが大切です。

声に出して英語を勉強すると、英語のリズムが身につき、話す速度がアップします。

英会話初心者であればあるほど、文法や英単語の意味を調べる時間を減らしてでも、耳で聞いて声に出すトレーニングがをしていきましょう。

発音トレーニングをすることで、英語を聞いて瞬発的に理解する能力や、質問を直感的に返せるスキルも養うことができます。

書店で販売されているようなテキストのみの英語教材だと、発音トレーニングする上で物足りない部分があります。

そのため、たくさんのパターンを、音声で聞ける・話せるような教材がベストです。

独学向け!英会話教材ランキングTOP5


英会話を独学しようと思った時に、まずはじめに行うのが教材選びです。

ただ、英会話教材って種類がありすぎて選べない、おすすめの教材ってどれなんだろう。

そう思い、教材選びで悩んでしまう人もたくさんいることでしょう。

教材選びに余計な時間を割くことなく、すぐにでも独学をスタートしたいですよね。

ここでは、独学で英会話をマスターするためにオススメの英会話教材5選を紹介します。

ランキング形式で、それぞれの教材の特徴を解説しているので、ぜひ参考にしてください。

1位:プライムイングリッシュ


引用:プライムイングリッシュ
http://www.prime-english.jp/

プライムイングリッシュの特徴は、「音声変化」の学習に特化しているところです。

音声変化を学ぶことで、スピーキング・リスニングのスキルが、効率的にアップします。

プライムイングリッシュの音源は、スローモーション録音を採用。

ネイティブの英語をスローモーションで聞いて、発音の変化を学ぶことができるんです。

難易度は低めで、初心者向けの内容です。

中学から高校初期レベルの知識があれば、理解できるでしょう。

プライムイングリッシュで取り扱っている英会話は、日常で使うような長文形式のものがたくさん。

英会話のテーマは、仕事や恋愛、ファッションなどです。

馴染みがあるテーマばかりなので、楽しみながら独学を続けられます。

2位:ネイティブイングリッシュ


引用:ネイティブイングリッシュ
https://n-english.jp/

ネイティブの人の会話を聞くと、話すスピードが早すぎる!と感じたことがあるでしょう。

そこで便利なのが、ネイティブイングリッシュです。

ネイティブイングリッシュは、音声のスピードが2段階用意されています。

まずは1.5倍速のスピードで、リスニング。

そのあと、ナチュラルスピードでもう一度リスニングします。

スピードを切り替えてリスニングトレーニングを重ねることで、早口に感じるネイティブの英語が、ゆっくり聞こえるようになるんです。

また、スピーキングも、2段階のスピードが用意されています。

まず遅いスピードで練習して、そのあとネイティブのスピードで練習。

これを繰り返すことで、スムーズにスラスラ英語を話せるようになっていきます。

3位:Hapa英会話(Hapa Eikaiwa)


引用:Hapa英会話
https://www.hapaeikaiwa-shop.net/
Hapa英会話は、海外旅行に特化した英会話教材です。

海外旅行が好きという人や、旅行先で英語を使いたいという人にとって、より実用的な内容になっています。

初心者レベルで興味を持ちやすい内容なので、「英語が苦手だけど英会話できるようになりたい!」という人にもオススメ。

聞くよりも、話すことにフォーカスして、海外旅行時に役立つ仕様です。

収録されているのは、海外旅行でよくある、リアルなシチュエーション。

ホテルのチェックインや、レストランで注文するシーンなど、ロールプレイング形式で学習できます。

また、現地のカフェの会話が収録された動画もあるため、海外旅行時に実践できる英会話を習得できるでしょう。

4位:セブンプラスイングリッシュ


引用:セブンプラスイングリッシュ
https://7plus-english.jp/
7+English(セブンプラスイングリッシュ)は、七田式教育法と呼ばれる英語教育法を使用した教材です。

七田式は、右脳を活性化させる教育理論で、世界からも支持されています。

特徴的なのは、高速のリスニング。

通常よりも1.5~3倍速の音声で、英会話が収録されています。

高速音声を聞くことにより、右脳が活性化。

右脳が活性化された状態で、英会話を学習していくことで、効率的に英会話を身につけられるという仕組みです。

収録されているのは、日常の英会話が中心となっています。

また、人間の記憶のメカニズムを活用した「400%学習法」により、わずか2か月で習得可能。

セブンプラスイングリッシュは、短期で英会話を身につけたいという人にピッタリの教材です。

5位:スタディサプリ 新日常英会話コース


引用:スタディサプリ 新日常英会話コース
https://eigosapuri.jp/conversation/daily/

スタディサプリ新日常英会話コースは、忙しい社会人にオススメの英会話教材です。

通勤時間などのスキマ時間を活用して、英会話学習ができるのが嬉しいポイント。

1回最短3分から学習できるので、気軽に英会話学習をスタートできます。

英会話のレッスンは、リアルな会話調のドラマ式。

日本の大ヒットドラマを手掛けた脚本家によるシナリオなので、毎回楽しみながら挑戦することができます。

また、NHKなどで活躍し、英会話書籍のベストセラーの著者であるスティーブ・ソレイシィ氏による、講義動画を多数収録。

また、日本へ来た外国人に対して使う「おもてなし英語」も学習することができます。

英語を使って観光案内したいという人にとっても、役立つ英会話教材です。

英会話を独学するときのコツって?


英会話の需要が増して、通学・オンラインで英会話を学ぶスクールも増えてきています。

しかし、通学や費用面から、スクールを利用できない人もいるのは事実。

忙しい社会人であれば、勉強する時間を決まった時間に確保できないこともあるでしょう。

もし、時間問わずコスパよく独学できるのなら、挑戦したいものですよね。

ここでは、独学で英会話をマスターしたい人へ向けて、絶対おさえておきたいコツを紹介します。

コツをおさえて、英会話の独学を成功させましょう!

必ず声に出して英会話練習をする

英会話の勉強をするときは、声に出して練習することを、忘れないようにしましょう。

英会話の勉強は、ある意味「筋トレ」のようなものです。

覚えたフレーズを繰り返し声に出して、実際に会話で使えるようにシミュレーション。

英会話のフレーズを、目と頭で理解するだけではなく、声に出すことにより、頭と体が英会話を覚えます。

頭で理解、声で理解。

このように、インプットとアウトプットを繰り返すという、まさに筋トレのような方法で勉強することで、英会話スキルはグッと高まります。

身近に英語が聞き取れる人や、ネイティブの友人がいる場合は、とても有利。

どんどんおしゃべりをして、英語をアウトプットする機会を増やしていってください。

英会話の勉強の時間を、毎日の習慣にする

英会話の独学を成功させる上で重要なのが、モチベーションです。

モチベーションを維持させるために効果的なのは、英会話の時間を日常にしてしまう方法です。

まずは「毎日何時間は勉強する」など、勉強することが当たり前というスタイルを作りましょう。

そして、勉強の手順を決めておくことも大切です。

たとえば、まずは30分音読して、新しい英会話フレーズを覚える。

このように、勉強手順を具体的にすることで、勉強方法がルーティン化して継続しやすくなります。

勉強を毎日継続できているという事実は、自信に直結します。

毎日勉強できてる自分ってすごい、これなら英会話が上達するに違いないと、ポジティブな思考でいっぱいになるはずです。

まとめ:独学で英会話をマスターしよう!


独学で英会話をしたいという人へ向けて、英会話教材TOP5を紹介しました。

挑戦してみたいと感じる教材は見つかったでしょうか。

英会話を独学でマスターしたいなら、教材選びがとても大切です。

教材ごとに特色があり、内容から見た目、学習スタイルまで異なります。

自分の性格や好みにあわせて、「これなら毎日続けられる!」と思える教材を選びましょう。

効率良く独学するためには、自分のレベルにあっている教材を使うことです。

完全初心者向けのものがいいのか、中級者向けのもので発展した内容を学びたいのか。

独学のモチベーションを保ちながら、英会話スキルを上げるためにも、自分にピッタリあう教材で、コツコツ勉強していきましょう。