協力プレイにおけるKick機能につきまして

協力プレイのKick機能について、ご不快な気持ちを与えてしまったかもしれません。
申し訳ないです。

経緯を説明させて頂きたいです。

今までの協力プレイでは、難しいステージで3冠を取りたい方と、
とりあえず遊んでみたい方が混じった時に、なかなか出発できず、
また、出発できない間、その部屋が遊べなくなるという問題がありました。

これを解決するため、部屋建て機能を設計しました。

Kick機能については、賛否両論あり、導入を迷いましたが、
もし、実装しないとなると、
たとえ部屋を立てたとしても、部屋主の意図と違う方が入室された際に、
その方が自発的に抜けるまで、出発できないという問題が残ってしまい、

その方にとっても、その他の方にとっても時間のムダになってしまい、
これを防ぐために、制限レベル等を高く設定するしかなく、
低レベルの方の挑戦ができにくくなってしまいます。

実装する弊害について、
やはりKickされたことの精神的なショックがあると思います。

雰囲気の設定や、メッセージの設定である程度緩和できるとは
思いますが、部屋主さんの善意による所が大きいです。

これは、私の個人的な見解ではありますが、
部屋に入って、ずっと出発してもらえないストレスと
Kickされるストレスについて、

どちらも同じ位につらいのではと思い、
同じ辛さであれば、時間の節約になったほうが良いと考えました。

また、誰でも歓迎部屋では、以前通りKickのない仕様にします。

やってみないとどの程度上手く行くかは分からないのですが、
新たな試みに関してご理解頂けますとありがたいです。

Gong


2 thoughts on “協力プレイにおけるKick機能につきまして

  1. eigo

    kickはとてもいい機能だと思います。意地になって居座る人もいるので措置としては間違ってないです。
    ただデッキを参考にしたいときにkickされてしまうと困るので観覧機能の導入をお願いします。

  2. 匿名

    >ただデッキを参考にしたいときにkickされてしまうと困るので観覧機能の導入をお願いします。

    同感です。
    また普通にプレイヤーとして入って落ちた時も、回線の問題なのか蹴られたのか分からない時も多いので、蹴られた時はきちんと
    「部屋主からお断りされました。デッキやレベルが違うのかも…?」という一文を出してくれるとショックが和らぎます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll Up