スペルは【漢字】で、発音記号が【ひらがな】だ!

どうも!
最近、発音 is important と感じているゴンです。

その理由はズバリ、
英語で映画やドラマを見て、全く理解出来なかった
からであります。

Stamp6

単語が分からないとか、そういう以前に
何言ってるのか、全然聞き取れない。

定型句は分かるけど、それ以外がほぼ壊滅。

発音を勉強すれば、少なくとも聞き取れるようになるのではないか?
と思った次第です。

んで、ちょっと本を読んで感じたのが、
スペルは【漢字】であり、発音記号が【ひらがな】だ!

Stamp38
ってことです。

一応理由を書くと、
同じaでも、walkとwayって読み方が違うよね?

これって、
漢字の【日】が、毎日と日頃の読み方が違うのと似てるな。

じゃあ日本語の「まいにち」と「ひごろ」に対応するのって、
「wˈɔːk」と「wéɪ」
の発音記号だなって感じです。

なのにですよ!!

僕は発音記号、全部覚えてないんですよ。
Stamp6

全部言えない上に、発音の仕方が分からない記号もちらほら。

外人や子供が日本語勉強する時に、
まず、「ひらがな」と「かたかな」学ぶのに、

僕は英語を「漢字」だけ勉強して、
「ひらがな」や「かたかな」を勉強してなかったのか。

なんで、日本の学校って発音記号ちゃんと教えないんだろうね。
不思議すぎる。先生が発音できないからかな。

そりゃ、リーディング出来ても、リスニングできないよな。

ということで、発音記号をミッチリ勉強しようと心に決めたのです。
Stamp11

次回は発音記号の面白ポイントを書いて見ようと思います。
色々考察してると発見がちらほら。

※この記事は、ゴンがなんとなく感じたことを、
適当に書きづつった文章なので、色々チグハグな所が合ったらごめんなさい!

=================================================
そういえば、中国語の学校に通った時は、はじめの2週間ぐらいは
ピンインという発音記号っぽいものを勉強してたなぁ〜。

英語も2週間位、発音の勉強するぞ〜!


Scroll Up